TOP>ハートピアブログ>スタッフの日記>寒梅
スタッフの日記

寒梅

本日は、近くの荒山公園の梅を見に行きました

13030601.jpg

ちょっと寒かったですが きれいな梅を見て楽しまれました

13030602.jpg

有名な 梅見場所だけあって たくさんの人でにぎわっていました

13030603.jpg

梅の花は宮廷貴族の間で、奈良時代から好んで鑑賞され、しばしば「梅の花の宴」が催された記録が見られます。
 梅に関する伝説の多い人物といえば菅原道真(845年から903年)ですが、36歳で文章博士に選ばれるほどの学者であり「飛梅(とびうめ)の伝説」を生んでいます。この菅原道真が京都から太宰府へ流された際に作ったといわれる何本かの天神像のうちの一体が、堺区戎之町東二丁にある菅原神社に神体としてまつられています。
 また、この荒山公園に囲まれた多治速比売神社(たじはやひめじんじゃ)にも菅原道真公がまつられており、堺にはゆかりの深いところです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sakaifukushikai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/101

コメントする